ニュージーランドでは去年の終わりごろから、大手スーパーでは『レジ袋』が有料になりました。(やっと)

確かに、はじめはエコバッグを忘れて、何度か使える厚めの『レジ袋』を買っている人が多かったけど、

最近は主婦らしき女性だけでなく、お父さんにもおじいちゃんにも、若い子たちにも

エコバッグが定着してきたように見受けられます… いいことだ!!

ニュージーランドで皆さんがよく使っているのはジュートバッグ。

ジュート(黄麻・こうま)と呼ばれる繊維で作ったしっかりバッグ。ちょっと重いのですが、車社会のニュージーランダーたちには

丈夫な方がウケがいい!

ジュート、どこがエコなのか、調べてみました。

ジュートバッグのいいところ

  1. ジュートは100%土に戻るし、リサイクル可能。庭に埋めても大丈夫
  2. ジュートは普通の降水量で育つ。ひときわ水をやらなければ育たない植物ではない
  3. 肥料や殺虫剤が無くても育つ
  4. 樹木に比べて二酸化酸素を吸収し、酸素を出す量が多い
  5. ジュートを植えた土は肥沃になる

オシャレなジュートバッグもたくさん出ています。

おすすめの記事