マヌカハニーやローズヒップオイルなど、ここニュージーランドで生産され、今や世界で有名になっている商品がいくつかあります。

日本国内のデパートやコンセプトショップなどで買われる方も多いと思います。

やはり、「実物を見て、触って、試してから買う」というのが消費者にとってはとても望ましく、安心な買い方ですものね~

逆に、オンラインショップなどで海外から買うと、時間もかかるし、写真と違う、思っていたのと異なっていた、試すことができないからイチかバチか、

という不安があることでしょう。

でも、本当に現地から買うのは悪いことばかりでしょうか??

船で運ぶ? 飛行機で運ぶ?

日本国内で海外からものを輸入して売るとなると、

仕入れている業者さんは、売れるものなら大量に一度に買い付けをします。

例えば、マヌカハニーもそうかもしれません。

コンテナに詰め込んで、船で数週間~数か月、運ばれてきます。

その方が運送費や手間を考えるとコストを抑えられますから。

けれど、ニュージーランドと日本の間には、約1万キロという距離と、そして、

「赤道」

があります。

そこを通過するわけです、船は。

そうなると、貨物は、積まれている状態にもよりますが、かなり高温にさらされることになります。

一瞬のうちに赤道を通りぬけるわけではありませんので。

それゆえに、マヌカハニーの温度が上昇し、そして日本について倉庫に入るころにはまた冷えて、

品質が変わってしまったり、結晶化してしまったり、味が変わってしまうということがあります。

何より、UMFやMGOなどの値であらわされる、マヌカハニー特有の有効成分、メチルグリオキサールの品質に

変化が起きることもあるようです。

要するに、ニュージーランド出荷時と、日本輸入時で、品質が変わっている(劣化してしまう)ということがあるということです。

その都度、空輸で買いたいもの

出荷時から、できるだけ品質の変化しない状態で購入するには、

オンラインで、”現地の業者やお店から買う”ということではないでしょうか。

特に、これまで試したことのある、使ったことのあるものであれば、「試す」必要がないかもしれませんので、

海外から直接、空輸をしているものをお求めになると、一番、出荷時の品質に近い状態で手に入ります。

特に、お値段お安くないマヌカハニーですから、お値段に見合った有効成分が得られることを確かめたいですね。

今や、何もなければ1週間弱ほどで海外から手元に届くネット時代。

是非、”現地から、空輸で直接”ご購入になることをお勧めします。

おすすめの記事