よく見かけるヒアルロン酸配合の化粧水や乳液。

キレイになりたい女性の味方なのでしょうか。

ヒアルロン酸とは?

ヒアルロン酸とは、身体の中で水分を蓄えて身体をみずみずしく保つために欠かせない成分。

人の体の中の、皮膚や関節などに多く存在しています。

このヒアルロン酸、なんと、たった1gで6リットルもの水分を保水できるそうなんです。

水と結合するとゼリー状に変わり、細胞の隙間を埋めます。

なので…

このヒアルロン酸が減少すると、お肌のハリや潤いが減るということです。

そして、年齢とともに、体内でヒアルロン酸の生成力が落ちていきます…

ヒアルロン酸を増やす方法あれこれ?

ヒアルロン酸配合の化粧品を使って、外からヒアルロン酸を補給すればよい!!

…と言いたいところですが、人の肌はそんな構造にはなっていません。

もし、そんな構造になっていたら、逆に大変!ウィルスはどんどん体内に入ってくるし、お風呂に入れば全身入浴剤の色に変色してしまいます。

そして、「飲む」とか「食べる」という方法も、ほとんど効果がないと言われます。それはヒアルロン酸の分子が、腸で吸収されるほど小さくないためです。

スキンケア製品に入ってるヒアルロン酸は何のため?

では、化粧水やフェイスマスク、セラムなどに入っているヒアルロン酸は何のため??

吸収されないなら意味がないのでしょうか?

ヒアルロン酸の特徴を覚えていますか? そう、保水力です!

スキンケア用品に含まれるヒアルロン酸は、肌の内部には入れませんが、外側にとどまって保湿してくれます。

だから、ヒアルロン酸入りの化粧水を使った後は、お肌がしっとりと感じられます。

「な~んだ、ヒアルロン酸て表面だけなのか…。

じゃぁ、つまり、年齢を重ねたら、外から保湿するしか方法はないってこと? 中から保湿力を上げることは無理??」

お肌内部から、ハリや潤いを上げていくことはできるのでしょうか?

出来たらよいですねぇ~

そのヒントはこちらから 

 

 

 

 

おすすめの記事